道具・型紙・材料などの用意が終わったら、仮縫い用のドレスを作っていきましょう。
仮縫い用のドレスを作らず最初から本番用のドレスを作る場合、この手順は飛ばしてもらってかまいません。


まずは型紙に合わせて、仮縫い用の生地を裁断します。

なお布には縦横の向き・表裏があるほか、布をキレイに切るには様々なコツや注意点があります。
例えば「生地を切る前にはアイロンをかけるなどして、折り目をなくす」「できる限り広く(最低限、型紙よりも広い場所)平らな場所で裁断する」などがあげられるでしょう。
裁断がきちんとできないと仕上がりに大きく影響してくる可能性が高くなってしまうため、洋裁初心者の方の場合は初心者向けにまとめられた注意点をひととおり読んで頭に入れてから作業に入ることをおすすめいたします。


裁断が完了したら、仮縫いのドレスを縫っていきます。
なお仮縫いの場合は、背中部分の縫い代の一部は縫わず、ファスナーを使わずに、待ち針で止めることが多いようです。

仮縫いのドレスができたら、試着をしてみましょう。
この試着した状態で、縫わずに待ち針で仕上げていた背中部分で補正をしていくことになります。
特に背中の補正は自分1人では難しいので、ここでも誰かに手伝ってもらえるとよいかもしれません。
試着と補正をしっくりするまで何度か行いましょう。
状況によっては、糸で止めている胸元などをほどいて縫い直しての補正などをしたほうがよい可能性もあるので、状況に応じて判断するのがよいでしょう。

仮縫いのドレスの補正が終わったら、その補正を元にして型紙を修正し、『本番用の型紙』を作ります。