一生にそう何度も着る機会がない服のひとつである「ウエディングドレス」。
結婚式という特別な場で花嫁さんが着る記念のドレスであるこそ、せっかくなら思い出に残るものを着てみたい……だったらウエディングドレスを手作りしてみるのはどうかな?
そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ですがウエディングドレスというものは、デザインによっては服作りに慣れている方でも作るのが難しいのです。
なぜなら普段着にはあまり使わない上質な素材を使ったり、装飾部分が多かったりと、ウエディングドレスならではの細やかな技術を必要とするからなどというのが理由として考えられます。
手間が多いことから、普通の服を作る際よりも時間がかかる可能性も高くなります。
また花嫁さんの美しさを引き立てるためのドレスですから、少しでもバランスが崩れると不格好になってしまいかねないのも難しいところだと言えるでしょう。

それにウエディングドレスは上質な素材を使ったり、デザインによってはボリュームたっぷりのスカートなどで布を大量に使うことから材料代も高額となります。
仮にもし失敗してしまった場合は、大量の材料が無駄になる可能性も少なくないでしょう。

もし式の費用を節約しよういうのが目的でとウエディングドレスの手作りを考えている場合は、先にかかる時間や材料費などの目安・必要な工程を見て、「本当に節約になるのか」「そもそも理想のドレスを自分で本当に作れるのか」などを検討しなおすのもおすすめです。
節約が1番の目的なのであれば、格安の市販品を購入し、それをアレンジするという選択肢も視野に入れてもいいかもしれません。


ここからは実際にウエディングドレスを作る場合、どんな手順が必要となるのかをご紹介します。
具体的な手順は作るドレスデザインなどによっても変わってきますので、あくまで一般的な手順ということでご覧いただければ幸いです。
もしウエディングドレスを作ろうか迷っている方の場合、手順を見てから作るかどうかを検討してもよいでしょう。

◎おすすめのレンタルドレスはプチラパン